どうも、ショウタローです。

今回は、テイクオフの立ち方について書いていきます。

テイクオフが安定しない
足が引っかかる
足の位置が定まらない
立ってもすぐ転んでしまう

そんな方はぜひこの動画をみて明日からの練習に役立ててください。

 

 

今回はまずよくありがちなテイクオフが失敗してしまう立ち方を解説します。

そのあとに、テイクオフが安定してできるようになる立ち方について書いていきます。

僕自身も今回お伝えする立ち方にして、安定するようになりましたし、

実際にレッスンをしていてもこのポイントを押さえて練習していただくと

テイクオフが安定する方がほとんどなのでぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

では早速解説していきます。

と言いたいところなのですがその前に、質問です。

 

あなたは、テイクオフってなんのためにしますか?

 

ここをしっかりと考えておかないと

たぶんサーフィン自体が上達しないかもしれません。

ただ立ちたいからですか?
それとも立って真っすぐ滑り下りるためですか?

 

たぶん違うと思うんですよね。

 

「波の上を気持ちよく走りたい!」とか

「技に挑戦したいとか!」

 

 

テイクオフするのが目標じゃなくてライディングを楽しむのが目標だと思うんですよ。

 

だからテイクオフもそのためにするわけですよね。

ライディングに繋がるテイクオフの立ち方をしなければいけないんです。

 

そこをしっかりとわかって練習していくと上達も早いと思います!

 

では前振りが長くなりましたが、

よくある失敗する立ち方3つとそれを修正する正しい立ち方を紹介していきます。

これから話す内容がもし当てはまってしまっていると、

なかなかうまくテイクオフできるようにならないと思いますので

もし当てはまってしまっていたら、そのあとに話す改善策をぜひ日ごろの練習に取り入れてください。

 

ではまず一つ目の失敗例です。

一つ目は立つときの目線が岸の方や、波のボトムの方を向いてしまっている。

 

そうすると身体を起こすときに板が落っこちてしまいます。

パーリングの原因にもつながるし、運よく足が入ったとしても横に走れません。

なのでしっかり波のフェイスを見ながらテイクオフしに行くようにしましょう。

これからライディングをするところを見てテイクオフしましょう。

大事なのはこれを普段の陸トレからイメージしておくことです。

陸でやる時からしっかり海でのイメージをつけて練習しましょう。

 

 

ただ単純に動作だけ練習するのではなく

波のイメージをして目線もしっかりと練習をしておきましょう。

よくレッスンしていて思うのは、陸でのテイクオフ動作を見たときに

目線が落ちている人は海でもそれが必ず出ています。

しっかりと意識して練習して見てくださいね!

 

 

二つ目は、正面を向いて立ってしまっているということです。

これはこのブログでは何回も言っているのですが、やっぱりやってしまっている方は多いです。

このように正面を向いて立ってしまうということですね。

これだと立てたとしてもやはりライディングに繋がりません。

しかも足もかなり入りづらいし、正座になってしまう原因にもなります。

なのでしっかり横向きに立つという練習をしましょう!

こうすることでスムーズに足が入りますし、そのあとのライディングにもつながりやすくなります。

ぜひ「横向きに立つ!」と強く意識して立ちにいきましょう。

 

 

3つ目は飛び乗ってしまっているということです。

これはどういうことかというと、ジャンプするような感じで乗ってしまっているということですね。

 

これだと毎回足の位置が定まりませんし、立ったとしてもジャンプの着地の反動で板が落っこちてしまうのでライディングに繋がりにくくなります。

なので丁寧に足を入れに行くようにしましょう。

サーフボードが薄い氷だと思って足を入れていくようなイメージです。

 

これを意識してできるようになると格段にテイクオフが安定します。

 

ぜひ練習して見てくださいね!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese