どうも、ショウタローです。

今回は、テイクオフで立つときの後ろ足について解説をしていきます。

レッスンをしていても、テイクオフで立つときは後ろ足からでいいですか?という質問は結構あります。

以前コメントでもそういった質問があったので皆さん気になったり悩んだりしている方も多いのかなと思います。

テイクオフの足の入れ方は、その先の安定したライディングにとても重要です。

サーフィンをやっているからには、波の上を気持ちよく走りたいですよね。

でもこの足の入れ方が上手くいってないと上手く立てない、立っても安定して走っていけないなんてことになってしまいます。

今回は、立つときの正しい足の順番と、それをしっかりと行うための陸トレも紹介していくのでぜひ参考にしてくださいね。

 

では早速、テイクオフの時の足入れは後ろ足からでいいの?という質問にお答えしていきます。

 

結論から言うと、後ろ足からで大丈夫です。

ただし重要なポイントがあります。

後ろ足から付いて立つには立つのですが、

「後ろ足で一度支ええないと立てない」というのは問題です。

 

 

後ろ足で一度身体を安定させるようにしてからでないと立てないと、確実にボードがブレてその先のライディングが安定しません。

お尻も上がってしまうので重心も高くなってしまいます。

 

なのでイメージとしては両足いっぺんに入れてくるようなイメージを持ちましょう。

そうすると結果的に後ろ足の方が移動距離が短いので後ろ足から付くことになります。

でも前足もしっかりと引き込めているので、お尻が上がったり、板がブレることなく安定して立っていけるようになります。

なのでしっかりと前足も引き付けるということも意識してください。

 

この時の意識のコツは、前足の膝を胸に当てるようにすること、それから両足の膝をなるべく離さないということです。

これをしっかりと意識して足を入れる練習をしてみてください。

 

ただそうはいってもなかなか引き付けるのが難しいと思います。

身体が硬かったりとか引き付ける力が弱かったりすると難しいかもしれません。

なので今回はしっかり前足を引き付けてこれるようにするトレーニングを紹介していきます。

 

まずは、太ももの裏などのストレッチの効果がある陸トレです。

この部分の柔軟性を高めておくことで、足も引き付けやすくなります。

まず床に腕立て伏せのような姿勢になります。

そこから片方づつジャンプをするように足を胸の方に引き付けていきましょう。

 

これを左右合計で10回頑張ってやってみましょう!

 

次のトレーニングは腹筋を鍛えていきます。

腹筋をしっかりとトレーニングすることで、足をしっかりと引き付けやすくなります。

 

同じように腕立て伏せの姿勢をとっていただき、そこから膝を胸に近づけるように引き付けていきましょう。

 

これも左右交互に10回頑張ってやってみてください!

 

今回お伝えした、陸トレを行うことで上手く足も入りやすくなってきます!

前足をしっかり引き付けてくる意識をもって練習して見てくださいね!

 

 

 

公式ラインで上達の動画をプレゼント!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese