パドリングについて

パドリングを安定させるための3つのコツ!

投稿日:

どうも、ショータローです。

今日はパドリングの基本について解説していきます。

 

パドリングとは、サーフィンをやるうえで基本中の基本になるものです。

サーフィンは海の中を自分で移動しなくてはいけません。

パドリングはその移動手段なのです。

つまりパドリングは野球やサッカーなどほかのスポーツに例えると、”歩く”や”走る”といった動作です。

なのでパドリングの練習を怠ると上達も難しくなってしまうんですね。

 

 

ただ、最初は難しいですよね。

やるとわかりますが、サーフボードの上はなかなか安定しないので、漕げずに水に落っこちたりなんてこともあります。

 

なので今日はまずはボードの上に安定して乗るためのコツを3つ書いていきますね。

 

①しっかりとボードの芯をつかんで毎回同じところに乗る。

②足をしっかりと閉じて、顎を引く

③肋骨や太もものあたりの四角形でバランスをとる

一つ一つ解説していきますね。

 

まず①です。

ボードのをつかむとはしっかりとボードの真ん中に乗るということです。

ボードのノーズとテールの中心より少し後ろに自分のみぞおちあたりが来るようにしましょう。

少しノーズが水面から浮いていれば正解です。

そしてその位置に毎回乗るようにするのが重要です。

しっかりとボードの芯に乗れたら、手を伸ばしてノーズのどのあたりに手が届くか、目線などはボードのどの位置にあるかなどをしっかり確認しておきましょう。

 

そして②です。

足を開いているとバランスはとりやすいのですが、足が水に入ってしまい抵抗になってしまいます。

安定はするのですが、推進力はがた落ちしてしまうのです。

なのでしっかりと足を閉じてバランスがとれるように頑張りましょう。

これは後々テイクオフの時などにも重要になってくるのでしっかり意識して下いね。

 

そして最後に③です。

少しわかりにくいかもしれませんが、自分の左右の肋骨の一番下と太ももの4点でバランスをとるようなイメージです。

1番やってはいけないのはおへそ1点でバランスをとることです。

最初はやりにくいかもしれませんが、しっかり意識して乗っていれば3時間ほどで安定してバランスがとれるようになると思います。

 

運動神経のいい方なら1時間ほどでできるようになると思いますよ。

 

最初にも書きましたがパドリングは基本中の基本ですので、時間がかかってもいいのでしっかり練習しましょう。

 

必ずそれが生きる時が来ますので頑張りましょうね。

 

ではまた。

-パドリングについて

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.