パドリングについて

サーフィンのパドリング時に足はどうする?速くするコツ!

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今日はサーフィンのパドリングの時に足はどうすればいいかということを書いていきます。

 

結論から言うと足はしっかりと閉じましょう!

 

では、なぜ閉じた方がいいのでしょうか。

パドリングで足を閉じる理由は?

パドリングで足を閉じる理由は2点あります。

①パドリングの芯をしっかりと取ることができる
②テールをしっかりと抑えることができる

この2点です。

この2点はパドリングを効率よく進めるためにはもちろんですが、うねりからしっかりテイクオフするためにもとても重要になります。

最初はバランスをとるのが大変化もしれませんがぜひ足をしっかり閉じてパドリングできるように練習してみてくださいね!

ではひとつづつ解説していきます。

①パドリングの芯をしっかりと取ることができる

パドリングの芯を取るとは、ボードのセンターラインに自分の身体の中心をしっかりと合わせてブレないようにすることです。

そうすることで水の抵抗も少なくなり効率よく進むパドリングになります。

足が開いているとフラフラしてしまうのでこのパドリングの芯がとれません。左右のブレが大きくなってしまうので効率よく進まないんですね。

またパドリングの芯がしっかりしているとテイクオフの時にしっかりと波のパワーを受けることができます。

1本の丸太のようなものをイメージしてもらうといいかもしれません。

円柱状の丸太を水の上で真後ろから真っすぐ押したらしっかりと力が伝わって効率よく進むと思います。

ただこれが左右にぶれてしまっていてふにゃふにゃになっていて変なところを押してしまったらブレてしまい上手く進みません。

パドリングもこれと同じイメージです。

自分が1本の丸太になるようなイメージをすることで芯が取れてテイクオフでもしっかりとうねりから波に押し出されるようになります。

 

②テールをしっかりと抑えることができる

足を閉じることによってテールの付近に膝が来ることになります。

そうするとテールが持ち上がらないように抑えておくことができます。

これがなぜ重要なのでしょうか。

波のパワーは下から持ち上げるようにして沖から来ます。

この時に足が開いていてテールを抑えられていないと、「フワー」っと波のパワーが逃げてしまい波に押されなくなってしまいます。

そうするとうねりからテイクオフすることができなくなってしまうんです。

しかし足をしっかりと閉じてテールを押さえておくことで下から持ち上がってくる波のパワーを受け止めることができるので最大限利用することができます。

なので足をしっかり閉じることは大切です!

 

まとめ

足を閉じるということは、パドリングの推進力だけでなくテイクオフを安定させるためにも必須の項目です!

最初は足を開いていないとバランスが取れなくて大変かもしれませんが、しっかりと意識してパドリングしていれば必ずできるようになります。

また、どうしても足が離れてしまうという方は足と足を組んでパドリングをしてください!

練習してもなかなかバランスが取れるようにならないという方はそもそもの体幹能力が低い可能性もあるので、自宅で陸トレをしていきましょう!

陸トレに関してはこれをやってくださいね!

 

 

 

 

 

-パドリングについて

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.