トレーニング パドリングについて

サーフィンのパドリングで進まない方必見のトレーニング2選!

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今日はパドリングで上手く進まない、安定しない、フラフラしてしまうという方にそれを改善するトレーニングをご紹介していきます。

 

パドリングが進まない原因は

パドリングがスムーズに進まない原因にはいろいろあるかと思います。

乗っている位置が悪い

ストロークがよくない

身体がブレてしまう

などがあげられます。

乗る位置などは簡単に治せるのでそれだけでも、パドリングが改善する可能性はありますがそれでも身体がブレてしまってボードがフラフラと揺れてしまったら、それが抵抗になってしまい上手く進みません。

パドリングはしっかりと板を安定させてなるべく水の抵抗をなくして漕げば力はそんなに入れなくてもスイスイ進みます。

なのでできるだけボードがぶれないようにしっかりと安定させることが重要です。

 

そこで大事になってくるのが身体をしっかり安定させるための体幹力です。

体幹とは腹筋だけでなく、胴体全部のことです。この部分をしっかりと安定させることができれば板ぼ安定し少ない力でどんどん進むようになります。

 

パドリングが安定して進むようになるトレーニング3選

ではここから体幹を安定させるためのトレーニングをご紹介していきます。

今回ご紹介するトレーニングも自宅で簡単にできますのでぜひやってみてくださいね。

ドローイン

まず最初の種目はドローインという種目です。

この種目は、体幹の腹横筋というインナーマッスルをトレーニングします。

この筋肉はお腹をベルトのように巻き付くような形でついている筋肉です。

しっかりとトレーニングすることにより身体を固定することができるで体幹のブレも少なくなります。

やり方はとても簡単です。

まずは床に仰向けに寝転がりましょう。

そこから膝を90度に立てていきます。

その状態から息を吸ってお腹を膨らませ、息を吐いてお腹をへこませていきます。

この時に注意してほしいのが、お腹をへこませるときにお腹の真ん中ではなく、下腹部をへこませるイメージで息を吐きます

具体的には、自分で骨盤のでっぱりの少し内側を触り、そこの部分が硬くなるように息を吐いてください。

そうすることにより腹横筋をトレーニングすることができます。

息は細く長く7秒間ほど吐き続けましょう。それを10回繰り返してください。

 

エルボーニータッチ

この種目もとても簡単にできます。

腹直筋やバランスを安定させるための筋力をつけるトレーニングです。

 

まずは、床に四つん這いのような姿勢になります。

その姿勢から、右手と左足を伸ばしましょう。

そこから肘と膝を付けるようにして背中を丸めていきます。

肘と膝が付いたら、また伸ばしていきましょう。

この繰り返しです。

これを左右交互に10回を3セット行いましょう。

プランク

これも代表的なトレーニングですね。

今回はプランクでもレベルを上げながら取り組めるトレーニングをご紹介します。

レベルアップすればかなりトレーニングになりますのでぜひ頑張ってやってみてください。

まず普通のプランクは、肘とつま先をついてキープするだけです。

この時に身体が一直線になるように注意しましょう。

この姿勢を1分キープしましょう。

これが簡単な方は、左右反対の腕と脚を上げてキープしましょう。

さらに難易度を上げたい方は腕立て伏せのような姿勢から、腕と脚を上げてみましょう!

レベルに合わせてやってみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したトレーニングは自宅でも簡単にできますし、時間も10分あればできると思います。

安定したパドリングをするためには体幹力は絶対必要です。

海になかなかいけない方はぜひ自宅でトレーニングをして海でしっかりパドリングが安定するように頑張りましょう!

-トレーニング, パドリングについて

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.