パドリングについて

サーフィンのパドリングでは芯を意識する

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今日はパドリングについて書いていきたいと思います。

以前にも書きましたが、パドリングはサーフィンをやるうえでとても重要なものです。

テイクオフのため、また自分の命を守るためにも必須のものです。

上級者と初心者のパドリングの違いは、”芯”があるかないかというところです。

テイクオフの時もそうなのですが、芯がなくふらふらしていると波に押される感覚が弱くなったり、そもそも波に押されなくなってしまいます。

 

そもそもパドリングの芯とは何なのでしょうか。

 

パドリングの芯とはボードの中心線に自分の重心の中心線を乗せてぶらさないということです。

芯があってぶれないパドリングができると、水の抵抗も受けにくいので推進力が上がります。

パドリングは力ではないんです。しっかりとぶれないで漕ぐことが一番重要です。

 

芯がないと上手く進みません。そして芯がないとテイクオフも遅れます。

初心者の方は特に思いっきり漕いでしまうとぶれてしまうのでゆっくり漕ぐように意識してみましょう。

 

そして、芯を作るための練習の仕方を紹介します。

しっかりと足を閉じてパドリングすることです。足が離れないように組んでしまってもいいでしょう!

組むことによって意識しなくても閉じていられることができます。

 

最初は慣れなくてふらふらしてしまうかもしれませんが、そこであきらめてやめないようにしてくださいね。

結局はバランスをとるためには慣れも必要です。

 

慣れないからと言って練習しないと芯のあるパドリングができるようになりません。

そして芯のあるパドリングができないと、テイクオフも遅れるし、ライディングにもつながらないので、まずは頑張って練習してみましょうね!

 

海で足を組んでパドリングするということだけに絞って練習すれば1ラウンドでも入れば慣れてできるようになると思いますよ!

 

この先の上達のためにもしっかりと芯のあるパドリングを身に付けましょう!

-パドリングについて

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.