出来るだけ早く波に乗ればいっぱい楽しめる!

 

そう思って試行錯誤はしてみたけど、その中でも”バタ足”は有効なの?と思う方も多いはず。

 

実際やってみて早くなればそれでも良いのですが…

 

わたしから見るとバタ足には

3つの種類

があります。

 

1、テイクオフの早くなるバタ足

2、テイクオフの遅くなるバタ足

3、どちらでもないバタ足

 

出来れば1のバタ足をすると良いのですが、そのバタ足にも色々と条件があります。

 

そもそもバタ足することは推進力に繋がるのか?

 

水泳などでは当然バタ足は推進力に繋がりやすいのですが、

 

サーフィンの場合

 

推進力になるからやるのではない

 

というのが本当のところです。

 

 

ではなんで?

 

答えは、

 

板の浮力を活かすため

 

に行うんです。

 

 

なのでそもそもが

 

板の浮力を最大限に使えるテイクオフが出来ないと意味がない。

 

という事になります。

 

要はしっかり自分のテイクオフ能力を100%使い切れていれば、バタ足も意味があるという事ですね。

 

私も何千人と見てきましたが、バタ足することよりも

 

推進力を改善

 

した方がはるかにテイクオフは早くなりますよ。

 

 

ちなみに浮力を上げても速くなりません。

 

その浮力を使い切れないからです。

 

正しい知識でしっかり練習する必要はありますね。

 

詳しくは下記の動画で説明しています。

確実に上達したい方は3ステップで練習してみてください。

VSCメソッドの3ステップで確実に上達する!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese
jaJapanese