どうも、ショウタローです。

今回はサーフィンのテイクオフで正座になってしまうのを改善するストレッチをご紹介します!

自宅で簡単にできるストレッチですのでぜひやってみてくださいね!

テイクオフで正座になってしまう原因は?

テイクオフで正座になってしまう原因にはいろいろあると思いますが、その一つとして考えられるのがお尻の筋肉の柔軟性の低下です。

お尻の筋肉の柔軟性が低下すると、股関節の動きが悪くなってしまいます。

また、足を引きつける時にお尻の筋肉が突っ張ってしまい足をスムーズに入れられなくなるので正座になってしまう可能性が高いです。

正しいテイクオフ動作がそもそもできるだけの柔軟性がないと上達も遅れてしまいます。

なので、ストレッチをして柔軟性を向上し、テイクオフができるだけの柔軟性を身に付けましょう!

テイクオフで正座になるのを改善するストレッチ

ではここからはストレッチのやり方を説明していきます。

自宅で簡単にできて、3分もかからないと思うのでぜひやってみてくださいね!

まずは床に腕立て伏せのような姿勢を取っていただきます。

その後に、片足を前に出していきます。この時に膝を外側に向けるようにして出していきます。

また、背中が丸まらないように注意してください。

しっかり胸を張ってやるとお尻の筋肉がしっかり伸びますので意識してくださいね!

 

カテゴリー: ストレッチ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese