どうも、ショウタローです。

今回はサーフィンのテイクオフで足運びがどうしてもスムーズにいかない方のためにトレーニングとストレッチをご紹介します。

テイクオフで足の運びが上手くいかずにスムーズに入らないと、本当に悔しいですよね。

僕もテイクオフで足がつまづいたり、引っかかったりということはよくありました。上手くできるようになった時は本当に嬉しかったです。

そしてサーフィンはやはりライディングが楽しさの醍醐味です。それを味わうためにはテイクオフをしっかりとマスターしなくてはいけません。

あなたも何とかテイクオフをマスターしてサーフィンをもっと楽しんでほしいです。

今回のトレーニングは自宅で道具も使わずに簡単にできるので、ぜひやってみてくださいね。

テイクオフの足運びがスムーズにいかない原因

サーフィンのテイクオフで足運びがスムーズにいかない原因はたくさんあると思います。

そもそもパドリングから安定していない

テイクオフ動作に問題がある

波のキャッチが遅い

などです。

ただ今回は、あなたの身体の機能の面から原因を解決していきます。

足運びがスムーズにできない人は、そもそもその動作をやるだけの筋力と柔軟性が備わっていない可能性があります。

なので、その部分の機能を向上させてあげれば、足運びもスムーズにいく可能性があるのです。

そして足運びが上手くいかないのは、腹筋や腸腰筋などの足を引き付ける筋力の低下や足首の柔軟性の低下などが考えられます。

なので今回はその部分の機能を高めるストレッチやトレーニングをご紹介していきます。

足運びをスムーズにするストレッチ&トレーニング2選

ではここから実際にトレーニングをご紹介していきます。

どの種目も自宅で簡単にできます。時間も10分あれば終わるでしょう。

マウンテンクライマー

このトレーニングは、足を引き付けるための筋力をつけるトレーニングです。

また、体幹も鍛えられますのでパドリングなども安定してきますよ!

やり方はとても簡単です。

まずは腕立て伏せのような姿勢を取っていただきます。

そこから、右膝を左胸に着けるように足を引き付けていきましょう。

これを左右交互に行います。

左右合計で30回を3セット行いましょう。

 

カーフストレッチ

この種目は、足首の柔軟性などを高めるストレッチです。

やり方はとても簡単です。

まずは、腕立て伏せのような姿勢を取っていただきます。

その状態から片足を持ち上げて、もう片方のかかとを上げていきます。

その後に今度は逆につま先を上げていきます。

これを交互に繰り返しましょう。

左右の足10回ずつを3セット行いましょう。

まとめ

今回のトレーニングは自宅でも簡単にできますのでぜひやってみてくださいね。

少しずつでも続ければ必ず身体の機能は変わってきますよ。

そうすれば足がスムーズに入る可能性も高くなるのでぜひ頑張って続けてみてくださいね。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese
jaJapanese