どうも、ショウタローです。

今回は初心者の方でなかなか横に走れない!という方に向けて書いていきます。

この記事を読んでいるあなたは、今現在

やっとテイクオフできるようになったけどなかなか横に走れない
立ってもすぐに転んでしまう
真下に滑り下りて終わってしまう

そんな悩みがあるのではないでしょうか。

今回はそんな悩みを解消するためのヒントになると思いますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事では僕がサーフコーチとして200名以上の初心者の方をアドバイスしている中でよくありがちな横に走れない原因3つとそれに対する改善策を話していきます。

 

きっとあなたにも参考になることがあると思うのでぜひ明日からの練習に役立ててください。

 

では早速横に走れない原因を話していきます!と言いたいところですが、まず最初にお伝えしたいことがあります。

 

初心者の方が横に走れない原因はライディングの能力どうこうではないということです。

 

それ以前にパドルだったり、波キャッチだったり、テイクオフの立ち方に原因がある場合がほとんどです。

 

それをわからずに、ライディングばかりに目が行ってしまってパドルや波キャッチをおろそかにしてしまうと迷宮入りしてしまいます。

 

実際にレッスンをしていても、パドル~波キャッチをしっかりと練習してもらうと、皆さん横に走れるようになります。

 

なので、ぜひ基礎から見直すという気持ちをもってまずは練習していただけたらと思います。

 

ではここからよくある横に走れない原因3つとそれに対する改善策を話していきます。

 

まず一つ目は、横に走れる波に乗っていないということです。

 

そもそも横に走れるわけないよねっていう波に手を出して乗っていってしまっているということです。

 

崩れるのが早い波だったり、ドカーンって一気に崩れてくる波だったり、そういった波に無理やり乗っても横に走れないですよね。

 

野球で言ったら、絶対に当たらないようなボール球に手を出してしまっている感じです。

 

「それ乗っても絶対走れないよね」って波に乗りに行ってしまっている方が海を見ていると結構多いです。

 

なので波はしっかりと選ぶ必要があります。

 

ただ、これはいきなりはわからないと思います。

 

僕も最近になって結構わかるようになってきましたが、前までは、ダンパーなのか、早い波なのか、レギュラーの波なのか、グーフィーの波なのか、それすらもわからなかったです。

 

たぶん同じようにどういう波なのかわからないなんて方はいらっしゃると思います。

 

これはやっぱりある程度経験が必要だと思います。

ただ問題なのは、その経験値を積むための行動をしているかどうかということです。

 

なのでここからは、その経験値をためるにはどうしたらいいかということを話していきます。

 

まず一つ目は波を追いかけるときにしっかりと波を見て追いかけるということです。

波を見ながら、これはこういう風に崩れてくるかな~とか予測を立てながら追いかけましょう。

そうやって1本1本自分で予測しながら追いかけていくことで経験値もたまってくると思います。

 

その予測をつけながら追うのに大切なのはなるべく波と出会うまでに多くパドリングするということです。

できれば波と出会うまでに最低でも10回はパドリングしましょう。

距離を取ることで波の変化もわかりますし、どういう風に崩れてくるかも予測が立てやすくなります。

 

後はそもそもの追いかける本数を増やすことも大事です。

乗れなくてもいいので、たくさん波を追いかけるようにしましょう。

 

あとは、沖で波待ちしているときにただ波待ちするのではなく、自分を通りすぎた波がどのように割れていくか観察しましょう。

これも結構いい練習になりますよ。

 

二つ目です、二つ目はテイクオフの立ち方が悪いということです。

これはテイクオフ動作の話ですね。

これは立つときに目線が落ちてしまったり、手で板を押し込んでプッシュダウンしてしまうとそのまま波の斜面を降りてしまって横に走れなくなってしまいます。

なのでしっかりこれから行く方向を見るようにしましょう。

 

あとはしっかり横向きに立つということもとても重要です。

 

3つ目は、波のキャッチができていないということです。

横に走れないほとんどの方の原因がこれです。

 

波のキャッチができていないからです。

逆にこれができるようになれば簡単に横に走れるようになります。

波のキャッチとは何かというとその言葉通り波を捕まえるということです。

波のパワーをしっかりと受け止めて滑り出すことですね。

横に走れない方はこれがしっかりできていない方がほとんどです。

 

ある程度角度が付いたところで乗ろうとしてしまって、落っこちながらテイクオフをしている人が多いです。

波の力じゃなくて、重力を使ってテイクオフをしているんですよね。

 

重力っていうのはこうやって落っこちる力なので、それでしかテイクオフできなかったらそのままボトムに落ちて終了して横に走れなくなってしまいます。

対策としては自分がいつもより角度が少ない波を追いかけていくことです。

そうやってどんどん厚い波を追いかけていくことでうねりから滑り出す感覚がわかるようになります。

そしてそれを繰り返していくうちに絶対にうねりからテイクオフできるようになります!

 

うねりから立てさえすれば、あとはそのままじっとしていれば横に走っていけますよ!

 

ぜひ波のキャッチをしっかりと見直して練習して見てくださいね!

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese