どうもショウタローです。

 

今回は真似してはいけないプロサーファーのテイクオフについて書いていきます。

うまい人やプロサーファーのテイクオフ見てると

どうしてあんなことできるんだろうとか
ああいう風なテイクオフしてみたいなーとか

思うことがよくあると思います。

 

 

もちろんプロサーファーのテイクオフっていうのはとても効率よくやるために

しっかり練習してとてもとても努力して作り上げたものだと思います。

 

なので僕自身もやっぱりああいうテイクオフしてみたいなって思うことよくあります。

 

しかし!

この動画を見ていただいている初心者の方とプロの方では

そもそも年齢とか身長とか体型も違いますし、身体能力にも大きな差があります。

 

後は練習量ですね。

練習できる量っていうのも全然違ってくると思います。

 

憧れるプロサーファーにできるだけ近づこうとするとか

そこにね向かっ頑張って練習するっていうのは

とても素晴らしい事だと思うしサーフィンの醍醐味のひとつだと思います。

 

ただ、その中でもこれだけは真似してしまうと初心者のうちは

なかなかテイクオフうまくいかないんじゃないかな

って思うことがありすので

今回はですね

そのことについて書いていこうと思います。

 

その真似しては

いけないことは何かというと…

 

バタ足です。

 

このバタ足っていうのはやっぱりプロサーファーとか上手い人は

結構やってる方いらっしゃると思いますしよく見ると思うんですけれども

初心者のうちにやってしまうと逆に乗れなくなってしまったりとか、

上達が遅れてしまう可能性があります。

 

なのでバタ足っていうのは出来れば真似しない方がいいかなと思います。

じゃあなんでバタ足してしまうと乗れなくなってしまうのかって

いうことを解説していきます。

 

結論から言うと

波キャッチ、波のパワーを感じるっていうことがおろそかになってしまう。

ということです。

で、結果的にテイクオフが上達して来ないっていう風になります。

 

バタ足してしまうと逆に波に乗れなくて置いていかれてしまいます。

 

なんでかって言うと、この方もそうなんですけれども

 

バタ足してしまうとかなりですね体のブレがでてしまって

波をうまく捕まえられなくなってしまいます。

 

体のブレが出るに従って板もブレてしまうので

そうするとやっぱり波に押されづらくなってしまう

 

なので波をうまく捕まえられなくて

テイクオフできなくなってしまう

みたいな感じです。

この続きは、ぜひ動画で見てみてください!

 

カテゴリー: 練習のコツ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese