Warning: file_get_contents(/home/growbiz/xn--u9jufdyy0ai0km2mf96ayd.com/public_html/wp-content/plugins/themeisle-companion/vendor/codeinwp/themeisle-content-forms/composer.json): failed to open stream: No such file or directory in /home/growbiz/xn--u9jufdyy0ai0km2mf96ayd.com/public_html/wp-content/plugins/themeisle-companion/vendor/codeinwp/themeisle-content-forms/load.php on line 64

サーフィンって難しいなんて思っていませんか?

テイクオフって難しい?

パドリングからして大変!

 

なんて思っていたらそれは間違いです。

 

 

サーフィンで本当に難しくなるのは

ライディングが出来るようになってから!

 

その前から難しいと思ってたら

その後はもっと難しいという事です。

 

私はサーフィンの基礎中の基礎である

【テイクオフ】

という動作に関しては簡単だと思っています。

 

なにも難しく考える必要は無いと思っています。

 

テイクオフを難しくしているのは

テイクオフを難しいと思っている

”テイクオフが苦手な人”

なんだと思います。

 

 

そしてそんな方が、

これから始める方に

『テイクオフは難しいから

テイクオフが簡単なファンボードやロングでやった方が良い』

 

なんて教えてしまうものだから

サーフィンが余計難しくなってしまうんですね…

 

 

私のレッスンでは

テイクオフは簡単だと言っています。

 

難しくやるから

難しくなるのです。

 

 

ではどうやったら簡単になるのか?

 

それは、

シンプルにやればいいんです。

 

下手にテクニックを色々と取り入れようとしないでください。

 

そしてボードは出来るだけ小さく!

 

まずはシンプルに基礎から練習をすること!

 

基礎無くしてサーフィンの上達はあり得ません。

 

そもそもサーフィンとは

”自然相手に自分の力で何が出来るか?”

というスポーツだと思っています。

 

それを

押してもらって乗っても

何も面白くありませんし

押してもらって乗れたからといって

自力ですぐ乗れるとは限りません。

 

一度乗れてしまうと

(乗れるというより乗せてもらっただけですが)

自分でやってみて乗れないと

難しく感じますよ。

 

なぜかって、

難しいところからやるからです。

 

最初はまず移動できるかどうか?

 

パドリングからやっていけば

そうそう難しいものではないです。

 

例えばスノーボードなら

まずは緩い斜面で練習してから

ある程度滑れるようになってから

上級者が行くような急斜面に行きますよね?

 

で、斜面が緩いところでさえ

最初はフラフラしながら

何時間かやっていると慣れてきて

何日か目には上級者コースに行けるようになる。

 

それを、

押してもらって乗れたら

すぐに上級者コースに行ってしまうようなことを

大体の皆さんがやっているという事なんですね。

 

パドリングもどうやるかわからないのに

板を買わされ

『さあ乗ってこい!』

位の感じで海に放置!

 

で、

『乗れません…』

 

となるわけです。

 

でも

最初からコツコツやるんだよ。

 

と教わっていれば

サーフィンというのはそういうもんだと思って

パドリングから練習したはずです。

 

で、

そのパドリングの練習には

浮力があるとだめなんです。

浮力があったら

どう漕いでも安定してしまいます。

進まなくても浮いているのが楽なので

出来る気になってしまいます。

 

でパドリングは出来ると

波を追ってしまい

乗ろうとしてしまいます。

 

 

その結果

確かにまぐれで乗れても

自分が乗りたい波には乗れない。

 

1年たち2年たち

それでも安定しない。

 

そうです

パドリングからしっかり漕げない

という方が多いんです。

 

そのためにも

フラフラするショートでパドリングの練習をしておけば

ロングやファンに乗るとらくらくテイクオフ出来ます。

 

最初にパドリングを練習しても

何十時間かやっていれば出来るようになります。

 

その後

波のキャッチ

テイクオフ

と進んでいけば

そんなに時間はかかりません。

 

最初から浮力のあるものに乗ると

結局はライディングでつまづきます。

 

浮力のある板は

立った状態で曲がるのが大変なんです。

 

出来るようになるのに

どっちが時間かかると思いますか?

 

1、パドリング

2、ライディング

 

このうちの、

出来るようになるまでに

時間がかからない方から練習するのが

上達の近道です。

 

こたえはパドリングからですね。

 

これを

ファンやロングからやる方は

ライディングから練習している

だからサーフィンが難しくなってしまいます。

 

 

乗りたいけど乗れない

たまに乗れても

みんなみたいに走れない。

 

そりゃそうですよ。

 

ある程度は時間がかかるのは仕方ないですが

 

浮力のあるボードを乗って始めた方は

私がショートを教えているより

同じことが出来るようになるまでに

はるかに時間がかかります。

 

下手したら

5年やっても

まだ立てない

立てても横に走れない

そんな方がいっぱいいます。

 

私が5年教えて

横に走れなかった方は

数百人教えてきて

一人も居ません!

 

下手したら

数か月で

頭くらいの波を

ショートボードで横に走っていますよ。

 

大体テイクオフで言ったら

1年くらいですかね。

 

横に走るに2年から3年

それもある程度サイズのある波で。

 

そんな感じです。

 

もう私も25年ほどサーフィンを教えてきていますから

何をやれば一番早く上達するかはわかっています。

 

 

ただのアドバイスではないです。

 

事実ですから。

 

サーフィンはショートボードで始めれば

一番簡単に早く上達します!

 

 

 

カテゴリー: 練習のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese
jaJapanese