練習のコツ

サーフィンのドルフィンスルーでなるべく戻されないコツ!

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今日はドルフィンスルーについて書いていきます。

今日の練習会で会員さんに

「ドルフィンスルーで潜る時はノーズは上に上げますか?」

と聞かれました。

その方は、なかなかドルフィンスルーが上手くいかなく悩んでいました。

 

結論から言うと、ドルフィンスルーで潜る時は板はほぼ水平です。

そして身体からボードをなるべく遠ざけるようにしましょう。

身体はそこまで潜るという意識はあまりいらないので、ボードをできるだけ潜らせましょう。

 

イメージしてほしいのですが、例えばボードを持たないで波をやり過ごすとしたら、簡単にできると思いませんか。

ただちょっと潜ればいいだけです。

ではなんでボードがあると難しいのでしょうか。

 

それは、ボードが抵抗になって波に押されて戻されてしまうからです。

 

なので、ドルフィンスルーではボードをなるべく沈めるのが重要です。

 

そしてボードをなるべく沈めるためには、いかにテールを足でしっかり押さえるかが重要です。

 

これがしっかり押さえられていないといたが沈められないので、波に押されてかなり戻されてしまいます。

 

波が完全に通り過ぎるまではしっかりテールを抑えておくようにしましょうね。

 

板の動きのイメージとしてはドジョウすくいをやるようなイメージです。

 

あとは、上手くやっても少しは戻されます!それはしょうがないです。

全く戻されないのは無理ですので、気にしすぎないでくださいね。

 

とにかくしっかりとテールを抑えてボードを深く沈められるように練習してみましょう!

 

では、また。

 

-練習のコツ

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.