練習のコツ

サーフィンが上達する人の行動TOP3!

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今回はサーフィンが上達する人がやっている行動TOP3ということで書いていこうと思います。

 

 

 

僕は今現在サーフコーチ兼トレーナーとして月間30人以上の方をリアルでレッスンしたりトレーニングを見たりしています。

 

 

そんな僕の周りにはサーフィンがどんどん上達している人がたくさんいます!

 

ショートボードで腹ばいになるのすら難しかった方がパドリングが安定するようになったり、きれいにうねりからテイクオフができるようになったり、レベルはそれぞれありますが確実にどんどん上達していく方がいます!

 

そうやって多くの会員さんを見てきたので、上達する方にはある共通点があることに気が付きました。

 

その共通点の上位3つを今日は紹介していきます。

 

今回お伝えする3つの内容は特に難しいことではなく誰でもできる簡単なことです。

 

なのにやらないのは本当にもったいないことだと思います!

でももしかしたらそんなこと考えたこともなかったという人もいるかもしれません。

 

そんな人にとってはきっとこの記事は今後のサーフィン人生にプラスになると思います!

そしてどんなテクニックやコツよりも大事なことだと思います!

 

今回の3つのことを意識して海に入ると必ず上達してくるし、何よりサーフィンが楽しくなってきます!

 

ぜひ最後まで読んで参考にしてください!

 

では第3位から早速見ていきましょう!

 

第3位 練習するという意識で海に入っている

第3位は練習するという意識をしっかり持って海に入っているということです。

 

僕の周りにいるサーフィンがどんどんうまくなっていく方は海に入る前にしっかりと自分で課題を決めてそれを練習するという意識で入っているんですよね。

その日その日にやることを具体的に考えて海に向かっていきます。

 

皆さんはどうでしょうか。

 

海に行ったらとりあえず「波に乗って楽しみたい!」「とにかくストレス発散したい!」そんな風に海に入っていませんか。

 

まあたまにはそういうときもあるかもしれませんが基本的にこの考えだと上手くなりません。

 

上達する人は、目先の楽しさとか気持ちよさよりも、1年後とか3年後とか将来の上達のために、今やるべきことをしっかりと決めて練習しています

 

「そんなのつまらないじゃん。せっかく海に来たならその時を気持ちよく楽しまないと!」って声が聞こえてきそうですが、それは本当に全く逆です。

 

そうやって練習する意識を持つともっとサーフィンが楽しくなっていくんですよ。

 

何の目的も持たずにただただ楽しく入ろうってなったらどうなると思います?

 

少し波が悪かったり、人が多かったり、サイズがなかったりなど、その時その時の環境に左右されまくるんですよね。

本当にコンディションがいい時じゃないと楽しめないですよね。

 

「もう全然だめだったー!」とか「今日は人多くて本当にストレスたまったわ!」とかってイライラして海から上がってくる人を見ますけど、これって本末転倒ですよね。

本来、ストレスを発散したいとか楽しみたいって思って海に入っているのに余計にストレスをためたりつまらない思いをして上がってくるなんて本当にもったいないと思います。

海に入らない方がよっぽどいいじゃんってなりますよね。

 

でもそうじゃなくてその日のコンディションで何が練習できるかをしっかり明確にして、それをしっかりやり切るって海に入っていけば周りの環境にはあまり左右されません。

自分の中の課題をクリアできれば、どんなに波が悪くたって、「よし!今日もやり切った!」って胸を張って海から上がってこれるんですよね!

 

そうやって一つ一つ課題をクリアしていくと本当にサーフィンが楽しくなるんですよ!

 

上達していく人はそうやって本当に楽しくサーフィンを練習しているんですよね!

 

なのでぜひあなたも毎回毎回の海でそうやって課題をもって取り組んでみてくださいね!

 

もちろんいい波の時はめちゃくちゃテンション上がると思うんでそういう時は日ごろの練習の成果を発揮して思いっきり楽しんでくださいね!

 

第2位 基礎をしっかりと練習している

第2は基礎部分をしっかりと練習しているということです。

自分の上達の足を引っ張っている部分をしっかりと掘り下げてその部分を練習しているということです。

基礎の部分はその人によっても変わってくるかもしれません。

テイクオフだったりパドリングだったり、それ以前にボードに乗る位置だったり、手を入れる位置だったり、上達する人は自分にとって底辺である部分から目をそらさずにしっかり練習しているんですよね。

 

ある会員さんのお話しを紹介します。

その方は普通にライディングもできて技もかけれる方です。

でももっとレベルの高いサーフィンがしたいと練習していました。

 

僕はてっきりライディングの練習をしているのかと思いました。

普通はそう思いますよね。

 

でもその方何を練習したと思います?

 

なんとその方はパドルから見直して練習していました!

 

「自分に足りないのはテイクオフの安定だ!」ってなってそこからテイクオフを安定させるにはって考えたらパドルに行き着いたそうです。

 

僕はそれを聞いた瞬間に本当にすごいな~って思って尊敬しちゃいました。

で、その方はやっぱりめちゃくちゃ上達してるんですよね。

 

パドリングが良くなったから波のキャッチが良くなって、波のキャッチが良くなったからテイクオフがめちゃくちゃよくなって、その結果余裕をもってライディングが練習できるようになって、っていう好循環になったんですよね。

 

やっぱりそうやって基礎を練習するのは大事なんだな~とその時改めて思いました。

 

そうやって基礎からしっかり練習していくことが長期的に見たら絶対に近道です!

浮力のある板などでパドリングを楽していたらなかなか上手くなりませんよ!

 

なのでぜひあなたも基礎の部分をしっかりと練習することをお勧めします。

 

特に初心者の方は今からしっかりパドリングや波のキャッチをしっかり練習しておくと後で困らないと思うのでぜひ頑張りましょう!

僕も頑張ります!

ただ、この基礎の部分だからこそ正しい知識は本当に重要です。

この部分をズレて練習しているとずっと上達しない可能性もあります。

なのでぜひ正しい知識をつけて練習しましょう!

 

第1位 海で動き回っている

第1位はこれですね!

海で動き回っている!

もう飽き飽きした方もいるかもしれません!笑

でも本当にそうなんですよね!

乗れるようになる人は波が来たらとにかく動いているんですよ!

 

でもなかなか上達しない方はなかなか動きません。

まあ普通に考えたら当たり前かもしれません。それだけ練習量が違うのですから。

 

そうやってたくさん動いて波を追いかけて経験値をどんどんためていくので上達も早くなるんですよね!

乗れなくてもどんどん動いている人は明らかに上達が早いです。

 

上手いから動いているんじゃなくてたくさん動いてきたから上手くなっているんですよね。

 

最初はどういう波を追いかけたらいいとか、どっちに動いていいとかわからないと思います。

でも、そこでわからないからって浮いてるだけじゃ上手くならないんですよ!

わからなくたって間違えたって、とにかく動かなきゃ始まらないんですよね!

でもそうやって動いていけば、今のはもう少し沖から追いかけないとだめだったな、とか、今のはもっとこっちだったなとかって経験がたまってくるんですよ!

そうやって動いて動いてどんどん経験をためるとやっぱり上達も早いんですよね!

 

なので迷ったら動く!

 

これを頭に刻み込んで練習していきましょう!

 

まとめ

今回は上達する人の行動トップ3ということで書いていきました。

そして今日1番お伝えしたいことは、サーフィンを本当に楽しんで欲しいってことです!

結局楽しければなんでもいいと思うんですよね!笑

 

ただ、いつも結果ばかりを見ていると「今日もテイクオフできなかった~」とか思って楽しめなくなっちゃうと思うんです。

初心者の方は特にそうですよね。

 

でも今日お伝えしたように、自分の課題をもって練習して、上達の過程を楽しんでいけば、テイクオフできなくても今すぐにサーフィンを楽しめるようになるんですよ!

 

なので今日書いたことも参考にして、ぜひサーフィンを思いっきり楽しんでくださいね!

 

 

-練習のコツ

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.