テイクオフの動作について 波のキャッチについて

サーフィン初心者がやってしまいがちなテイクオフできなくなる行動!

投稿日:

ショウタローです。

 

今日はサーフィン初心者がやってしまいがちなテイクオフができなくなってしまう行動を紹介していきます。

 

海を見ていてもかなりやってしまっている方が多いので、もしかしたらあなたも気が付かないうちにやってしまっているかもしれません。

今回紹介する行動をやってしまっているとうねりからのテイクオフは確実にできなくなってしまいます。

 

今回は具体的にどうしたらいいかのアクションプランもお伝えしていくのでぜひ最後まで見て参考にしていただければと思います。

 

僕は今現在サーフコーチ兼トレーナーとして、主に初心者の方を中心に海でリアルレッスンをしたり、陸でトレーニングを見ています。

多い時には月間で40人以上の方と一緒に練習をしてアドバイスをしています。

 

そんな中で今回紹介する行動はかなりやってしまっている方が多いです。

そして厄介なのがかなり無意識にやってしまっているのでこれをやっているということになかなか自分だと気が付けないんです。

 

なのでもしあなたがなかなか波に乗れない、うねりからテイクオフできないなんて思っていたらもしかしたら無意識にやってしまっているかもしれないので、ぜひ参考にしてください!

 

では早速見ていきましょう!

 

乗れない人は波に浮かされている

この画像をご覧ください。

 

 

波に乗れない人はこのように波が来た時に波のパワーに浮かされてノーズが下がってしまい波の力を逃がしてしまっています。

 

色々な原因があるのですが今回は、姿勢を見ていきましょう。

 

この姿勢を見ていただきたいです。

 

背中が反っていてお腹でバランスをとっている感じがわかると思います。

でもこれだとこのように波のパワーに浮かされてしまいます。

 

ではここからは具体的なアクションプランを紹介していきます。

 

浮かされないためにはいボードと身体を起こしていく必要があります。

 

そしてそのためには背中は反らないで結構復帰を丸めて力をいれておくようなイメージにすることが大事です。

 

で、ここからがポイントです。

背中は反らないんですけど胸は少し張っていきます。

そうすることで身体と板が起きてくるんです。

 

ここからはそのための姿勢をとる陸トレを紹介していきます。

陸トレ紹介

まずは普通の腹筋運動です。

しっかりと背中を丸めるように意識をして行いましょう。

身体は極端に起こしていく必要はありません。

おへそをのぞき込むようにして背中を丸めれば大丈夫です。

 

 

次のトレーニングは胸をしっかりと張れるようにするトレーニングです。

まずは手を前に伸ばします。

そこから肘を骨盤に当てるようなイメージで胸を張っていきましょう。

この時に注意するのは、腰を反らないように注意してください。

腰は反らずに胸だけ張りましょう。

 

 

まとめ

このような簡単な陸トレを行っておくだけでも必ずサーフィンに効果は出てきます。

少しづつでも自宅でトレーニングをすることにより、身体の機能が高まります。

 

そうすると必ずサーフィンも向上してくるので頑張ってやってみてください!

 

-テイクオフの動作について, 波のキャッチについて

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.