サーフィン基礎知識 練習のコツ

サーフィン初心者が大きい波の時に沖に出れない理由トップ5

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今日は沖に出れない人がやってしまっている行動トップ5ということで書いていきます。

この記事を見ているあなたは沖に出れなくて苦労しているのだと思います。

 

せっかく海に行ったのに沖に出ることもできず悔しい思いをして帰ってきたり

他の人は沖で波に乗っているのに自分は出れなくて落ち込んだり

 

そんな思いをしたことがあるのではないでしょうか。

今日のこの記事はそんな悩みを解消する一つの手助けになると思います。

なかなか沖に出れないという方はぜひ最後までみて参考にしていただけたらと思います。

僕は今現在VSCのサーフコーチ兼トレーナーとして初心者の方をメインに海で一緒に練習したり陸でトレーニングを見たりしています。

だいたい月に40人以上の方と一緒に海で練習をしています。

そうやって初心者の方と練習をしていると

沖に出たときに凄いいい笑顔で「やっと出れました~」って言ってくれるんですよ!

それを見ると僕も本当に嬉しい気持ちになります!

なのでぜひあなたにもその達成感とかを味わって欲しいなと思います!

今回の動画はそのためのヒントになると思います!

ただ一つ言っておくのは、本当に無理だけはしないでくださいね!

自分が危ないと思ったらすぐにやめましょう!

死んでしまっては達成感も何もないですからね!

では、早速沖に出れない人がやってしまっているNG行動トップ5見ていきましょう!

 

第5位 パドルやドルフィンができていない

やっぱりしっかりしたパドルとドルフィンができていないと沖には出れません。

そんなの当たり前じゃん!って声が聞こえてきそうなのですが

それはそうなのですが

問題は普段波の小さい時に、波が大きくなったことを想定して練習してますか?ということです。

 

この記事を見てくださっているということは

自分が目標とする波でも沖に出れるようになりたいと思っていると思います。

それはムネなのかカタなのかアタマなのか人それぞれあると思います。

その目標とするサイズをイメージして普段も練習をしていますか?ということですね。

もしかしたら普段波のない時にあまりパドルしないでいたり、ドルフィンをめんどくさがっておろそかにしてませんか?

 

もしそうだとしたら、ぜひ自分が目標とする波の大きさだったらどうするかということを考えて練習してみてください!

 

パドルをある程度息が切れるまで頑張ってやってみるとか、スープでもしっかりドルフィンをしておくとか、沖でドルフィンの潜る練習をするとかいろいろあると思います。

 

そうやって準備をしていけばきっと自分が目標とするサイズで沖に出れる確率も上がってくると思いますよ!

 

でも何の準備もしなければ、またただ打ちのめされて終わりだと思います。

もしあなたが何かの資格を取ろうとしてテストなどを受けようと思ったら、それに対して過去問を解いたり、勉強をしたりと何らかの準備をすると思います。

何も準備しないで行ったら絶対に受かりませんにょね。

それと同じ感じだと思います。

なので波が大きい時でも沖に出て楽しみたいと思っているなら日ごろからそのように練習しましょう!

そうやって目標を作って練習していけばきっと海での練習も楽しくなると思いますよ!

 

第4位 体力がない

はい。これも当たり前かもしれませんね!

やっぱりある程度の体力は必要になってくると思います。

やっぱりサイズのある波でドルフィンを何回もすると結構疲れると思うんですよね。

息も上がるし筋力的な持久力もかなり大変になると思います。

 

僕は結構体力には自信がある方でしたが、それでも初心者の頃は沖に出るのがめちゃくちゃ疲れました。

なのである程度の体力は必要になってくると思います。

心肺機能も全身の持久力も必要になってきます。

なのであなたの目標とするサイズで沖に出るためにはもう少し体力もあった方がいいかもしれません。

あった方が有利になるの当然だと思うのでぜひご自身の体力を向上させることも頑張ってみてください!

そうやって目標のために家などでトレーニングすることで毎日ももっと充実するんですよ!

僕のオンラインサロンのメンバーさんは毎日めちゃくちゃ楽しそうにトレーニングしてます!

そうするとサーフィンももっと楽しくなると思います!

効果的なトレーニングは僕の動画でも紹介しています。

オンラインサロンでも紹介しているので概要欄からチェックしてください!

 

第3位 海を観察していない

これもありがちなのですが、あまり海を観察しないで適当に入ってしまっていく方が多いです。

わざわざバンバン波が割れてくるところから沖に出ようとする方もたまにいますがそれだと上級者でも大変です。

海を観察していると流れがあるところがあると思うのでそのポイントを狙っていくようにしましょう!

あまり波が割れていなかったり、少し波がゴワゴワしていたりそういうところを上手く見つけていくといいと思います!

僕も最初はやりがちだったのですが、人が波待ちしているところめがけてただ単に1直線で行こうとしてしまうんですよね。

そうすると大抵その部分ていうのは波がどんどん割れてきます。

で、もう何発も何発も食らって沖に出れないみたいなのをたくさん経験しました。

ドルフィンすればするほど頭が真っ白になっちゃって周りの状況も見えなくなってしまうんですよね。

でただただ体力だけが奪われて一向に進んでいないみたいな感じになってましたね。

そういう場合は1回海から上がってルート変更しましょう!

 

1直線に出るだけでなく流れに乗って沖に出て、沖に出たらまた移動するなどいろいろあります!

あとは、沖に出ていくタイミングも重要ですね!

波がバンバン割れてくるセットの時にちょうどかぶっちゃうとめちゃくちゃ大変です。

そのセットのタイミングとかも見計らって出ていくといいと思います!

僕も最初は何もわからずに「行けるっしょ!」みたいな感じで行ってましたが

やっぱりタイミング見計らった方が全然楽です!笑

なので海に入る前に10分とか15分とか時間をかけてもいいと思うので、

自分の中で戦略を練ってから沖に出ていくようにしましょう!

たぶんこれやるだけでも簡単に出れるようになりますよ!

第2位 ずっと全力でパドリングしている

これやっているとすぐに疲れちゃうし大変です。

海に入ってパドルし始めた瞬間から思いっきりパドルしていたら体力が結構きついです。

最初は30%くらいの力でストロークを確認する感じでいいと思います。

段々と力を上げていきましょう。

 

あとはドルフィンした後とかはどうしても戻されちゃうと思います。

なのでそこで全力で漕いでいても効率が悪いです。

波と波のちょうど中間くらいになると引き波の力で沖に引っ張られると思うので

そのタイミングを見計らってパドルも強くすると効率よく沖に出ることができます!

ずっと全力で漕いでいても、力のわりに進んでいなくて効率が悪いです。

なので上手くタイミングなどを見計らって漕ぐようにしてみましょう!

第1位 浮力のある板に乗っている

これは当たり前かもしれませんね。

そもそも浮力のある板に乗っていたら板が沈まないので
ドルフィンが超大変です。

波に戻される距離も長くなるので本当に大変だと思います。

なので浮力のある板に乗っている方は浮力を落とすだけで簡単に沖に出れちゃうと思います!

そうすると今までよりワンサイズ大きい波で練習することもできるので

上達にもつながりますよね!

もし肩とか頭とかの波でも沖に出て楽しくサーフィンしたいと思っているのに

浮力のある板に乗っているのだったらすぐに落としてみましょう!

浮力のある板だったら上級者でも沖に出るのは大変です。

それを初心者がやろうとしてもかなり大変ですよね!

実際にVSCの会員さんは浮力を落としただけで頭くらいの波だったら

普通にアウトに出てこれるようになってます!

ぜひ試してくださいね!

はいでは、沖に出やすくなるための5つのポイントおさらいしていきましょう!

1つはパドル、ドルフィンを普段からしっかり練習しておくということ

2つ目は体力を少しつけるよう努力するということ

3つ目は海に入る前にしっかりとルートを確認するということ

4つ目はパドルに強弱をつけて出ていくということ

5つ目は浮力を落とす

ということです。

ただ最初にも言いましたが無理だけはしないようにしましょうね!

今回のお話が参考になったと思った方はぜひコメントしていただけると嬉しいです。

またチャンネル登録もよろしくお願いします!

-サーフィン基礎知識, 練習のコツ

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.