サーフィン基礎知識 練習のコツ

サーフィンのドルフィンスルーのコツ

投稿日:

どうも、ショウタローです!

今回はドルフィンスルーのコツを書いていきたいと思います。

 

初心者のお悩みで多いことの一つに「ドルフィンスルーが上手くできません。」というものがあります。

 

ドルフィンスルーとは、波の下を潜ってくぐり抜けるテクニックのことですね。

これができないと大きな波の時には沖に出ることができなくてサーフィンができません。サーフィンはある程度の波の大きさがあった方が楽しいと思うので、ドルフィンスルーはサーフィンを楽しむためにも上達するためにも必須ですので、練習してみてくださいね!

 

波のパワーはサイズがそんなに大きくなくても結構パワフルですよね。

ただ、波の下であればパワーは半減するのです。潜れば潜るほどパワーはなくなっていきます。

なのでしっかりと潜ることができれば、簡単に沖に出ることができます。

 

そしてドルフィンスルーで潜るということはサーフボードを沈めるということです。

 

なので今回は、サーフボードを上手く沈めるコツについて書いていきますね。

 

その前にイメージしてほしいのですが、ボードも何も持たないで波の下にもぐれと言われたら簡単にできそうな気はしませんか?

そして次にサーフボードではなくビート版のようなものだったらどうでしょう?これも簡単に沈められて潜れると思います。

何が言いたいかというと、浮力が大きいとどうしても沈めにくいです。

なので最初は浮力の少ない板でしっかり沈める練習をするといいですよ。そうすると自然に体が板の沈め方を覚えてくれます。

沈められるようになったら、あとはしっかりとタイミングを取って落ち着いて潜るだけです。

 

あとは潜る時の態勢のままで波がきてしまうと戻されやすくなってしまうので、波の下では板を水平にしましょう。しっかりと足でテールをおさえてくださいね!

そして、波をやり過ごしたらノーズから上げていきます。

サーフボードで「どじょうすくい」をやるイメージです。

 

最初は波がない時でもしっかりと板を沈める練習をしていくといいですよ!

あとは沖に出たときにボードを沈めてバランスをとる練習をするのも効果的です。

沖で上のような画像の態勢で板を沈めてバランスを取りましょう!

最低でも30秒くらいキープできるようになるといいと思いますよ!

 

頑張って練習しましょうね!

 

 

 

-サーフィン基礎知識, 練習のコツ

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.