テイクオフの動作について 練習のコツ

テイクオフの足運び、足入れの練習方法3つのコツ!

投稿日:

どうも、ショウタローです。

今回はテイクオフの時に重要な足運び、足入れの練習方法について書いていきます。

テイクオフというのはサーフィンするうえでとても重要なことで、これが安定しないとライディングにもつながりません。

「サーファーの永遠のテーマ」と言えるでしょう!

立てるようになったというのと、完璧にテイクオフをマスターするということは違います。

常に安定してテイクオフできるように練習しましょうね!

今回は陸でできるテイクオフの足運び、足入れの練習方法は書きますね。

サーフィンというスポーツは他のスポーツと少し違って、反復練習がなかなか難しいスポーツです。

海に行くこと自体が時間がないとできないし、いい波がある時も少ないし、いい波でも乗る時しか練習できません。

ですので、陸でしっかり反復練習をして海での練習の質を高めるのが最短で上達するポイントです。

 

ではここから実際に練習方法を書いていきます!今回も3つのコツです!

 

①床の上で腹ばいになり三角形を意識する!

②テイクオフの動作は「1,2,3」でゆっくりと!

③前足体重にならない

 

この3つを意識して陸トレをしましょう!

ではひとつづつ解説していきます。

①床の上で腹ばいになり四角形を意識する!

まずは床の上で、直線を探してください。(フローリングの線など)

そこをセンターにしてパドリングするイメージで腹ばいになります。

パドリングのコツで紹介した四角形をこの時にも意識してください。

陸だと忘れがちなので注意してくださいね。

その状態で胸を張り顎を引いてパドリングを数回してください。

しっかり波を追いかけるところからイメージしてテイクオフ動作の練習をするようにしましょうね。

 

②テイクオフの動作は「1,2,3」でゆっくりと!

あくまでも動作の練習ですのでゆっくり確認しながら行ってください。

特に慣れるまでは自分が思ったより極端にゆっくりとやってみてくださいね。

パドルを数回したら、まずは1で手をつきます。

胸の横あたりに手をつくようにしましょう。

手を前に付きすぎると上体を起こすことが大変になります。なので手はなるべく後ろの方につくようにしましょう。

 

そこまできたら、「2」で上体をゆっくり起こしていきます。

この時に少し身体を横に倒すようにすると足が入りやすくなります。お尻を左下に落とすイメージです。(レギュラースタンスの方の場合)

この時に腕に体重をかけすぎると、ノーズが落ちて上手くテイクオフできないので、ボードが水平になるようになるイメージで腕と太ももでバランスをとるようにしましょう。

 

最後に「3」で足をゆっくり引き付けていきます。

この時に是注意するのは、お尻を上げないことです。小さく丸くなるようなイメージで足を引き付けて入れていきましょう。

 

この3つの動作をゆ~っくりやってくださいね。

「い~~ち、に~~、さ~~ん」くらいのイメージです。動作を始めてから終わるまでに少なくとも10秒はかけてやるとよいと思います。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、このやり方でしっかり足が入るようになると海でも安定したテイクオフに繋がるので、ぜひ練習してみてくださいね!

 

③前足体重にならない!

最後に前足体重にならないということについて書いていきます。

1,2,3の動作で足を入れて立つのですが、最後は後ろ足に重心を置いて立つようにしてください。

前足体重だとサーフィンが上達できなくなります。

その辺の理由についてはまた次回にでも書きますね!

 

では、また。

 

-テイクオフの動作について, 練習のコツ

jaJapanese
jaJapanese

Copyright© サーフィンテイクオフのコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.