どうも、ショウタローです。

今日はサーフィンのパドリングが進まない人がやってしまっているNG行動TOP5ということで書いていこうと思います。

特にサーフィン初心者にありがちなことです。

もしかしたらあなたもやってしまっているかもしれません。

 

そして今から発表する5つのことをどれか1つでもやっているとなかなかパドリングが上手くなりません。

僕もやってしまっていました。

そしてこの5つのことをやらないように気を付けるようになってパドリングも安定するようになりましたし、それに伴ってテイクオフも安定するようになりました。

 

僕は今サーフコーチとして毎月30人以上の初心者の方をリアルで指導させていただいています。

 

特にパドリングに関しては多くの方を改善していきました。

 

そしてその中でよくやってしまいがちな傾向を今回は選びました!

これをやらないようにするだけで皆さんパドリングのフォームがカッコよくなったり実際に進むようになってます。

 

そして、なんでこの記事を書こうと思ったかというと、海を見ていると意外にやってしまっている人が多いからです。

 

「これやってちゃ上手くならないよな~」って思うんです。

 

それは僕の感覚から言っているのではなく、多くの会員さんを指導してきて統計的にみて感じていることです。

 

でも海では会員さんだったら「こうしたほうがいいですよ!」ってアドバイスできるのですが、そうでないとむやみにアドバイスはできませんよね笑

いきなり近寄ってきて、「こうするといいですよ!」っていってもなんだお前ってなるじゃないですか!笑

 

でも本当はそれをやりたいくらいもったいないな~って思うんですよ!

 

ちょっと直すだけでもっとパドリングが良くなってその結果テイクオフもよくなるのに!ってとてももったいない気持ちになるんですよね!

 

じゃあもうブログにして少しでも多くの方に伝えよう!少しでも参考にしてもらってパドリングよくなったら嬉しいな!

そんな思いで今カタカタとパソコンを打っています!笑

 

だからもしパドリングが進まなくて悩んでいる方はぜひ今回の記事を参考にしてください!

 

では早速パドルが進まないNG行動TOP5を発表していきます!

 

第5位 足が開いている

これもしやっているとしたらすぐに足を閉じてパドルしてください!笑

初心者のうちは確かに足を開いてパドリングしていた方がバランスがとりやすいかもしれません。

でも足を開いているとパドリングの芯を取ることはできません。

パドリングの芯とはボードの中心と自分の身体の中心を合わせてブラさないことです。

そうすることにより、板がブレず水の抵抗が少なくなりよく進むパドリングになります。

 

漕ぐたびに左右にわずかに振れてしまって水の抵抗を食らってしまうのです。

そのわずかな差が重なって進まないパドリングになってしまいます。

 

また問題なのは、このパドリングの芯が取れないと波のキャッチが上手くできずにうねりからテイクオフすることが難しくなってしまいます。

波のパワーをしっかりと受け止めることができなくなってしまうからですね。

 

具体的な対策としては両足を組んでパドリングをしましょう!

そうすることによって強制的に足が閉じれます!

最初は慣れないかもしれないですけど頑張ってやっていきましょうね!

そして足を閉じたらバランスが取れないとか、フラフラしてしまうという人はそもそもの体幹力が不足してます!

そんな体幹力では絶対にサーフィン上手くならないのでぜひ自宅でトレーニングも頑張りましょう!

第4位 ボードの後ろに乗りすぎている

これもよくやってしまっている方が多いです。

ボードの適切な位置に乗るのはとても重要です。

適切な位置に乗ることによって板が一番進む角度になります。

乗る位置が数センチでもズレると推進力が減速します。

そして僕が教えてきた経験から言うと乗る位置がずれてしまっている初心者の方は90%くらいの割合で後ろに乗りすぎちゃってます。

特に浮力のあるボードでサーフィンを始めた方はほぼ100%の方が後ろに乗りすぎています。

先ほども言いましたが、適正な位置に乗らないとボードと水の抵抗が大きくなってしまいます。

乗る位置がずれるとベストな推進力にはなりません。

そして波のキャッチも確実に遅くなってしまいます。

そうするとテイクオフも安定してできなくなってしまいます。

乗る位置には気を付けてくださいね!

正しい乗る位置の合わせ方はここではお話しできないのですが、とりあえず極端に前に乗ってみることをお勧めします!

 

第3位 お腹1点でバランスをとってパドリングをしている

これも海でよく見かけます。

よく身体を反ってパドリングしろって言われるのでしょうがないかもしれません。

身体を反ってお腹だけでバランスをとっている状態では大きな筋肉を使って漕ぐことができないので、推進力も弱いしバランスもとりにくいです。

「でもパドリング上手い人は背中を反ってるじゃん!」

そう思うかもしれません。

でもそれは違います。

パドルが上手い人は身体を反っているわけではなくボードごと上向きになっているのです。

お腹1点だけではなく、あるゾーンを意識してボードを抑えています。

そのあるゾーンとは肋骨と膝を結んだ4点のゾーンです。

 

そこを意識することで、大きな筋肉を使える姿勢に自然となってボードと身体が上向きになるのです。

初心者の方はそれを背中を反っているという風に見てしまいます。

それで身体を起こそうとするから力が伝わらない形になってしまってパドリングが進まなくなるのです。

進まなくなるだけならいいのですが、この姿勢でパドリングをしていると腰や首を痛めてしまう可能性があるので気を付けましょう!

 

第2位 手が前に伸びて入ってしまっている

これはかなり多いです。

実際に指導している会員さんでもこの割合が一番多いと思います。

どういうことかというと手が前に伸びてノーズのすぐ横あたりに手が入ってそこから漕ぎ始めてしまうんです。

そうすると何がいけないかというと、ノーズが沈む方向に漕いでしまうんですね。

手が前に入った瞬間にノーズは落ちてしまいます。

そうするとどうなるか。

イメージしてもらうとわかると思いますが確実に失速します。

船が沈没してしまうような感じですよね。

パドリングはノーズが浮き上がるように加速させていかなければいけません。

 

ボートが加速していくとノーズが上がっていくと思いますが、そのイメージです。

この画像のようにサーフボードもノーズが上がるように漕いでいかなければ進まないです。

 

そして手が前に入ってノーズが下がってしまうとパドリングが進まなくなるのもそうなのですが、波キャッチが遅れたり、パーリングの原因にもなってしまいます。

うねりからテイクオフをするには絶対にやってはいけない項目です!

ですので自分のパドリングを思い返してみて、もし前に手が入ってしまっているなら今すぐ直しましょう!

 

第1位 全然動かない

そしてこれです!

これも初心者の方はよくやってしまいます。

やってしまいますというか何もしてないんですよ。

海でひたすら沖の方を見て波待ちしていていつまでたってもなかなか動きません。

それでいて「パドリングがなかなか進むようにならないんです。」って悩んでいるんです。

僕に言わせればそんなの当たり前です。

貯金をしたいんですけど収入が入るための仕事をしてないんですって言っているようなものなんですよね。

とりあえずたくさん漕がないと上手くならないんですよ。

パドリング上手くなっている人は例外なくたくさん漕いでいると思いますよ!

今まで紹介してきた4つを直してもここができない人は絶対に進むようになりません!

なのでこれをやってしまっているのは致命的です!

海でたくさんパドリングしてくださいね!

 

まとめ

今回紹介した5つのことは初心者の方は特にやってしまいがちです。

自分では気づかないでやっているかもしれないので、もしパドリングが進まないなかなか波に乗れないという方は見直してくださいね!

そしてもしかしたらフォームを修正した最初はやりにくいかもしれません。

漕ぎにくいかもしれません。

でもそこでまたもとに戻してはダメですよ!

そこでもとに戻してしまっては何も変わりません。

そのやりにくいところをしっかりやっていくのが練習です。

 

パドリングはサーフィンで本当に基本になる部分です。

海にいる時間のほとんどはパドリングしていますし、安定したテイクオフにもパドリングはとても重要です。

 

パドリングが下手な人でサーフィンが上手い人はいません。

 

だけど、やりにくいからってパドリングを自分のやりやすい漕ぎ方のままで楽をするのか、それとも数年後の自分の上達のために基礎からしっかり練習するのとでは、絶対に数年後の自分の姿は変わってくると思います!

ぜひ今の自分ではなくて将来の自分の姿に目を向けて練習してくださいね!

そうやって練習をしていくことで、毎回毎回の海が充実したものになります!

波が悪いとか、人が多いとか、そんなことに左右されずに、自分の中でこれを練習するっていうのを決めてそれを達成するために海に入ればいつでも充実しますよ!

乗れなくても楽しくなるんですよ!

実際に僕がアドバイスしている会員さんはパドリングしているだけで楽しくて楽しくてずっと海に入っています!

そういう練習を繰り返していくことで、必ずサーフィン人生が充実したものになりますよ!

ぜひ練習するっていう意識をもって海に入ってくださいね!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese
jaJapanese